子犬をご予約いただきましたお客様へ

お引き渡しについて

  • 子犬のお引き渡しは、原則として店頭渡しとさせて頂いております。今までの飼育状態から、今後の飼育の方法等を充分ご説明させて頂き、連れて帰っていただきます。ご質問はご遠慮なくお尋ね下さい。
  • お渡し時期は犬種により異なりますが、小型犬で生後2ヶ月前後が一般的です。 ある程度の 躾が出来、食事は1日2回で食べ 、健康診断・検便・駆虫・伝染病予防のワクチン接種1回目が終了し、無理のない状態になってからお渡ししております。
  • 連れ帰ってから子犬に負担が掛からないように、店頭と同じような環境を作ってあげて下さい。 使いやすい商品が一式セットになった育成セットも格安で御用意しております。
  • お渡し予定日までの日にちがあれば、是非ご面会にいらして下さい。1週間に一度程度ご来店頂けますと、可愛い成長過程を充分に楽しんでご覧頂けます。お忙しい方は毎週子犬のお写真を更新しておりますので、そちらでも成長過程を是非ご覧ください。

保証について

  • 子犬達は発育状況等の様子を充分みながら手元で育てております。お渡し前には、健康診断と1回目のワクチン接種を済ませております。健全な子犬をお譲りしておりますが、生き物の為 万一支障が発見された場合の為に、6ヶ月の生命保証を無料でお付けしております。(品質保証1年付き)
  • 犬達は検便検査後お引き渡し致します。しかし検査時には問題のない検査結果であっても、 数日して環境が変わりストレスで弱った身体になると、下痢になる事もあります。当店指定医師にて診察して頂けますと、治療費は当方負担とさせて頂きます。まずは様子をご連絡頂けますようお願い致します。

保証対象外について

  • 噛み合わせ・デベソ・ソケイヘルニア・停留睾丸などの欠点の有無はお引き渡し時点で直接見て頂きご確認頂きます。成長に伴い不具合が生じた場合、生後2ヶ月前後の幼少時期に今後の正確な成長過程を予想する判定は困難なため、お渡しする時点をひとつの目安とさせて頂きます。
  • 御予約後~お渡しまでの成長過程で万一狂いが生じた場合(毛色違い・噛み合わせ・手術を要するソケイヘルニア・デベソなどの身体的な欠点が発見されたなど)お客様にその旨をお話しさせて頂きます。それらによりキャンセル希望の場合キャンセル料は発生致しません。もちろん、先天的な支障が発見された場合は販売対象外となります。

キャンセルについて

御契約後、万一お客様のご都合によるキャンセルが発生した場合、生体特殊販売につきキャンセル料が30%発生致します。返品・交換・引取り等は出来ませんので、衝動買いはせず、環境にあった犬種をよく考えて御予約頂けますようお願い致します。

欠点事項補足

サイズオーバーについて

まず親犬をご覧下さい。大半は親犬によく似るものですが、人間の兄弟でも個体差があるように、犬達の成長にも当然差が出てきます。生まれた感じと成長過程でおおよその予想はつくのですが絶対ではない事をご理解頂けますようお願い致します。

停留睾丸・不妊症などの生殖機能不能について

オス犬の場合、成長に従い睾丸が2個下りてきますが、稀にお腹の中に残ってしまう事もあります。このような時には手術が必要なこともあります。
生後2ヶ月前後の幼少時期にはっきり判定出来る場合と、わかりにくい場合もあります。お渡しする時点でわかると良いのですが、子犬の場合見たり、触ったりしただけでは判断出来ないこともあります。また睾丸が降りてくる時期も様々で、半年位で降りる子犬もいれば、片方だけが降りてくるケースなどもあり様々です。また繁殖機能にも個体差がありますのでご理解頂けますようお願い致します。

噛み合わせについて

子犬の成長と共に上下の顎の骨も伸びてきます。この際にバランス良く上下が伸びれば収まるものが、顎の骨がまだ成長段階の為、上下どちらかの発達の差が出てくると狂いが生じてきます。特にマズルが太く短めな犬種(チワワ・キャバリアなど)は狂いが生じやすく、誤解が生じやすい為、お渡しする際をひとつの目安とさせていただきます。連れ帰る前に、直接一緒にご確認頂けますようお願い致します。

デベソ・鼠経ヘルニア・パテラ(膝蓋骨脱臼)などについて

鼠経ヘルニアとは (鼠経部とは足の付け根の少し上・おなかの一番下の方。お腹と足の境部の左右の場所です。おなかを覆う壁の中で最も弱い場所です。この部分が膨れてきた状態を鼠径ヘルニアといいます。デベソはお腹の真ん中あたり。)腹部のヘルニアでは最も多く、よく”脱腸” といわれますが、必ずしも腸が出てくるわけではありません。腹膜といって、胃や腸を包み込んでくる膜が腹圧によって出てくる状態を言います。

パテラとは、膝のお皿の骨が正常な位置から内側にずれてしまっている状態です。その為に関節が外れやすい状態になります。

*上記はいずれも症状により手術を要する場合がございます。

当店は自家繁殖がメインで系統を充分把握した繁殖を行っておりますが、生き物ですので絶対にありませんと断言は致しかねます。お引き渡しの段階でその兆候を発見した場合と、生後1年以内(若齢時)に手術を要する事になった場合には当店指定医師の元、医療費は当店にて負担させて頂きますのでご相談下さい。